NPO乳がん患者の会ぴんく・ぱんさぁ|沖縄県浦添市 乳がん患者の情報交換・相談・啓発活動を行っています。

NPO乳がん患者の会「ぴんく・ぱんさぁ」

NPO乳がん患者の会「ぴんく・ぱんさぁ」

ぴんく・ぱんさぁの活動や、サロンの運営は多くの方々のご寄付と助成金で行っています。
またサロンスタッフは全員無償ボランティアで、講座を引き受けてくださる講師の皆様もボランティアでの
ご協力・ご支援で活動が成り立っています。

リボンズハウスとは

NPO乳がん患者の会「ぴんく・ぱんさぁ」

現在、沖縄コカ・コーラ社の支援自販機が県内16か所に設置されています。
この自販機で飲み物を購入して頂くと、売り上げの一部が「ぴんく・ぱんさぁ」に寄付されます。
わたし達の活動の一環として、この支援自販機を設置して下さるオーナーさんも募集しています。

リボンズハウスとは

リボンズハウスとは

NPO乳がん患者の会「ぴんく・ぱんさぁ」

ぴんく・ぱんさぁサロンでは、常時ご寄付を受付しております。
どなた様もぜひお気軽にお立ち寄りいただき、わたし達の活動を見て頂ければと思います。
また、サロンでは500円以上のご寄付をくださった支援者様へオリジナルピンパッヂをお譲りしています。
このピンバッヂの5つと4つの◇の模様は沖縄の伝統のミンサー柄をモチーフにしたもの。『五(いつの)四(世)までも一緒に』との意味が込められています。デザインして下さったのは、ぴんく・ぱんさぁ発足メンバー玉城さんのご主人です。

ピンクリボン運動とは

乳がんの正しい知識を広めて、早期発見の啓発、乳がん研究の助成、患者支援などを行う運動です。

ピンクリボン運動は1980年代にアメリカで生まれ、2000年代に入り日本でも活動が広まりました。

国のさまざまな施策と行政や医療者の努力、それを後押しするピンクリボン運動の成果によって、乳がん検診の受診率は向上してきました。
国民生活基礎調査によると、2013年における過去2年間に乳がん検診を受けた人は43.4%になりました。


ピンクリボンと乳がん まなびBOOKより

ぴんく・ぱんさぁ

乳がん検診を受けましょう

乳がん検診を受けましょう

がん支援自動販売機

リボンズハウス

ぴーち会

支援ピンクリボンピンバッヂ